So-net無料ブログ作成
我想写我的日常生活和自己的感情.

爷爷 [我的事情]

大家好!

好久不见了。

我最爱的爷爷去世了。所以我的周围很麻烦。

不过现在的环境没问题。


ご無沙汰しております。
 
今日はちょっと重い話になってしまいますがご了承ください。
 
 
 
 
 
9月の上旬、最愛の祖父が他界しました。
 
 
 
93歳 老衰で大往生です。
 
身罷る時は付き添いの家族(祖母・母・叔父)が病院からでてからしばらくして
一人で静かに逝ってしまったそうです。
 
 
叔父曰く、「おばあちゃんが泣くところを見たくなかったんだよ」
 
 
偶然 母が祖父の見舞いに行っていた時だったのですが、親子水入らずでのお別れができて
よかったのかもしれません。
 
 
私はいつかお別れの日がくると分かっていたのに、なぜか
 
「おじいちゃんは死なない」と言う変な感情があったのです。 
 
 
現実にはそんな事ないんですけれどね。
 
 
 
 
今回、葬儀はカトリックで行いました。
 
実は祖父母・母・叔父は洗礼を受けているのです。
 
先のこと(仏教だといろいろ供養がありますよね)を考えて
 
カトリックの共同墓地に埋葬されることが決まっております。
 
 
 
なので、葬儀も初めての経験・「お盆」という概念もなし。
 
だから「冥福」という概念もないんですよ。 
 
 
死が永遠の別れではなく、常に私たちと繋がっているというものなんだそうです。
 
 
そういう意味では「おじいちゃんは死なない」んでしょうけれど。
 
 
 
時々 おじいちゃんが私のことを呼ぶ言い回しを思い出して
 
ウルウルするときがありますが、
 
 
とりあえず、私は元気です。 
 
 
PS.今回 新事実が発覚しました。
 
祖父母は従兄妹どうしなのですが、実は「大恋愛」だったそうです。
 
てっきり「昔の人」なので、親族でのお見合いかと思っていたんですけれどね~
 
寝たきりの時も祖母のことを名前で呼び、「昭和○年からずっと想っている」ですって!
 
孫としてはもうちょっと大恋愛の話を聞きたかったわ。 


2015-09-21 10:50  nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

nice! 4

コメント 6

めいだ(mei)

私も他人事ではありません。
自分の年齢を数えるのに必死すぎて、同時に親族が歳を重ねていることって忘れがちですね。
私の場合は、自分が先に倒れた事があり、そういう事を意識する様になりました。
ただ、みんな「貴方が幸せなのが大事なのよ」と言ってくれます。
尊い存在で辛いですが、沢山のものをくださった事を忘れずに、明るく生きて行きましょう。
by めいだ(mei) (2015-09-22 01:37) 

たいへー

思いが続くなんて、素敵な話ですね。
by たいへー (2015-09-22 08:02) 

ハードロック芸人

くわしくありませんが、今いる場所は仮の居場所、我々は天国に帰るみたいな概念なのでしょう。
by ハードロック芸人 (2015-09-22 14:46) 

麻小桃

♪めいさん
いずれは…と思っていてもなかなか整理がつかないものです。
与えてくれた人がいるからこその命 大切にしないといけませんね。

余談ですが、自分の持ちモノ整理しておこうかな〜って思いました。
by 麻小桃 (2015-09-22 17:36) 

麻小桃

♪たいへーさん

初耳でビックリです。
そんなこと口にしない昔の人ですから。
たいへーさんはちゃんと言ってますか?
by 麻小桃 (2015-09-22 17:37) 

麻小桃

♪HRGさん
全ては仮初めの世界かもしれませんね。
魂の成長後、違う世界へと旅立つのかもしれません。

仮の姿と言うと、年齢が10万❌❌歳の方になりますが。



by 麻小桃 (2015-09-22 17:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
乱花费服务员 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます